2011年06月21日

MACV軍事顧問

1962年2月8日にMACV南ベトナム援助アメリカ軍司令部が創設された
そこにいるアメリカ兵は南ベトナム軍の軍事顧問となって彼らに的確な
戦闘訓練をし時には共に戦場にでて戦った

しかし南ベトナム軍は軍事顧問の求める成果には程遠く
きびしく困難な道のりの始まりだった

今回のイラストは1964年ころのMACV軍事顧問の将校です
OG107という陸軍の作業服の初期型を着用している
この初期型はポケツトフラップが直線で筒袖になっている
ボタンも平ボタンで極初期は茶色いボタンだった
左腕にはMACVの部隊パッチその上にはレンジャー資格章が
付いている軍事顧問達はほぼレンジャー資格を持っており
空挺降下章も持っている隊員もいた
このころはネームパッチ類はすべてフルカラーで
隊員たちもそれを使っていたあと胸の第2ボタンと第3ボタンの間に
あるのは南ベトナム軍の中尉の階級章である各隊員たちはこのように
南ベトナム軍の階級章を付けていた

装備は古い装備で主に二次大戦と朝鮮戦争のころの装備が
混じった感じだった使っているサスペンダーはM1945サスペンダー
にM1943ピストルベルトにM3グリースガンやトンプソン用の
弾薬バッグこれも朝鮮戦争に使用された物を付けている

手にしているサブマシンガンはスウェーディッシュKで
CIAが持ち込んだ外国製の銃でその他M1カービンやグリースガン
などアメリカ軍の古い銃が使われた

帽子はローカルメイドのものがよく使われたこのカウボーイハットも
よく使われたアイテムである部隊によっては南ベ軍のベレー帽をかぶる場合もある
足元はトロピカルコンバットブーツとよばれる二次大戦中から使われている2バックルブーツの
熱帯仕様型で緑の部分は布製になっているこれはジャングルブーツが登場するまで使われた





この記事へのコメント
蛇足ですが、スウェーデッシュKはその後生産国のスウェーデンが中立的な立場から輸入を停止。
SW社のM76が使われるコトになりました。
Posted by やまさん at 2011年06月21日 23:41
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。